トラックバック一覧

「2011年1月」の記事

-------
-------

 

どうもベーシストでもあるDJモルツです。

 

いつかそんなことを言える日が来ないかと

去年買ったエレキベースを日々練習しているわけですが

そんな中、遂に!

久しぶりのリハスタ=リハーサルスタジオに

友人と入ってきました!

20110131_01.jpg

週末の夜。

友人とでっかい楽器ケースを背負ってスタジオへ。

二人ともかなりイイ年なんですけど

気分は完全に高校生です。

その時点からもうかなりワクワクしていました。

 

そしていざ!15年ぶりくらいのスタジオに入ってみると

もう二人ともほとんど会話をしないで

黙々と機材のセッティングに入ります。

20110131_02.jpg

僕が写真を撮っていることにすら

まったく気付かない36歳。

 

それにしても、僕らが入っていた頃に比べて

なんだか便利な機材が増えていましたね~。

もってきたCDの音を流しながら練習するというのは

できなかった覚えがあります。

今では当たり前らしいですが。

 

そして・・・あっという間に2時間が経過。

気がつけば二人ともこの真冬にも関らず

Tシャツ一枚になって夢中で演奏していました。

おっさんなのに(笑)

 

まだまだ決してうまいとは言えませんが

何よりも楽しい時間でした!

 

帰りには二人して居酒屋さんに立ち寄って

モルツを飲みながら次は何の曲をやろうか?とか

レギュラーで何曜日にスタジオに入ろう!とか

ここもやはり高校生の時と変わらない会話が

飛び交いました。

そして・・・当たり前ではあるのですが

いつかはやっぱりライブがしたい!ということに!

さあ、そんなことが実現するのはいつになるのでしょうか?

でも、少しずつ続けていきますので

皆さんも温かく見守ってくださいね!

 

それでは、今回挑戦した曲を!

♪My Sharona / The Knack

選曲もおっさんです(笑)

79年リリースのナンバーなので、

思いっきり青春のナンバーというわけではありませんが

王道ということで、ここからスタートしました!

結構いい雰囲気を出すのが難しい!

でも、頑張りますよ!

 

それではHave a goodモルツ!


 

-------
|
-------
-------
-------

 

残念ながらモチ肌ではないDJモルツです。

 

どちらかというと乾燥肌。

この冬の時期は相当カッサカサになり

ハンドクリームが手放せません。

 

そんな私DJモルツではありますが

だからといって乾燥を恐れて家の中で過ごすのではなく

やはり、面白そうなことを聞くと

何も考えずに外へ出てしまいます。

 

というわけで、少し前のことですが、

近所でやっていたモチつき大会に参加してきました! 

20110128_01.jpg

久しぶりに見た杵(きね)!

テンションは上がりますが、

あまりに久しぶりなのでちゃんとつけるか不安・・・

と、そんなことを思っているうちに

早くもやってきました!

20110128_02.jpg

蒸しあげられたもち米が

臼(うす)に投入されました!

さあ、モチつきの始まりです!

 

しかし、当然すぐにつき始めるわけではありません。

しっかりこねて打てる状態にもっていきます。

20110128_03.jpg

写真のお父さんたちはすごいリズミカルにやっていますが

モチをつくのが久しぶりなら当然コネも久しぶりの

私DJモルツ。

なかなかうまくいかない上に

実はこの作業がつくよりもキツイ!

早くも腕が悲鳴をあげはじめました・・・

さあ、そしてお待たせしました!

いよいよメインイベントです!

 

ヨイショ~!

いやー・・・こんなに重かったっけ?

というほどの杵(きね)に苦戦しつつも

周りからかかる威勢の良い掛け声に後押しされながら

おかげさまでなんとかつききることができました。

こちらでついている方のように、

会場にいた他のお父さんは

皆さん僕よりもはるかにうまかったです。。。

20110128_04.jpg

 

そしてついたお餅はご婦人がたが

次々ときな粉モチやら磯辺巻にしていってくれます。

20110128_05.jpg

 

さあ、いっただっきまーす!

・・・もう、モッチモチ!!!

つきたてのモチは最高です!

さすがに会場が学校だったので

その場では飲むことができませんでしたが

もちろん、家に帰ってから、

いの一番にモルツと頂きました!

20110128_06.jpg

ああ、、、もう止まりません。。。

 

日本の冬らしい行事「モチつき」

つきたてだからおいしいというのもありますが

何より、自分でついたという達成感と

程よい疲労感でさらにおいしく感じさせてくれました!

 

ただ、前腕の部分はかなりパンパンになりましたが・・・

 

最近ではやる機会も減っているかもしれませんが

皆さんもぜひ機会があればやってみてはどうでしょうか?

それではHave a goodモルツ!

 

-------
|
-------
-------
-------

 

モルツはもちろんフルーツも大好きなDJモルツです。

 

そんな僕にとって冬のフルーツと言えば

やはりコタツにベストマッチする「みかん」

親戚が和歌山にいるので

毎年山のようにみかんがおくられてきたおかげで

冬になると、ごはんと同じくらいのペースで

ミカンを食べるようになり

もう欠かせないものになっているわけです。

 

おととしの秋ごろには神奈川県の湯河原に行って

一人で「みかん狩り」までしてしまった私ですが

今年はそんな余裕もなかったので

実家に届いたみかんのおすそ分けを

いただきました。

 

(※みかん狩りの模様はこちらで!

http://djmalts.blog.suntory.co.jp/002339.html

 
20110124_01.jpg

というわけではるばる和歌山からやってきた

みかんちゃんなんですが・・・

「どうすればキレイにむけるか?」

知っていますか?

 

我が家では普通に(普通かどうかはわかりませんが)

まず、ヘタがついていない方に親指を入れて穴をあけ

そこから放射状に皮をむいていました。

で、一房ごとにとって、薄皮ごとパクリ。

ちなみに白い筋はあまりとらなかったです。

単に面倒だからですが・・・

 

しかし!以前取材したみかん農家さんによると

もっとキレイにむける方法があったのです。

 

ポイントは3つ!

1、むく前に軽くもむ

なんでもその方が筋の取れ具合がいいそうです。

2、皮をむくよりも先にみかんを割る

穴をあけてむいていくよりもかなり効率が

上がるそうです。ちなみにこの時、全部割ってはダメ。

あくまでヘタの部分がくっついたままの状態を

キープするんです。

3、ヘタの部分がついたままのみかんの実を

はがすように取る

こうするとあら不思議、筋の部分が

結構キレイにとれちゃうんです。

 

これは便利!

 

とはいえ、習慣とは恐ろしいもので

何も考えずにみかんを手に取ると

ほぼ100%の割合で今まで通りの方法で

皮をむいてしまう、私DJモルツ。

 

これをきっかけにしてこれからは

教えられた通りのむき方を実践してみようと思います!

 

皆さんもぜひやってみて下さい!

ちなみに当たり前かもしれませんが

僕は、みかんを食べながらモルツを飲むのではなく

モルツを飲んで、ご飯も食べた後に

みかんをいただく派です。

もしかしたらこれも間違っているのかも・・・

今度また取材の機会があったら

みかん農家の親父さんに聞いてみます!

 

それではHave a goodモルツ!

 

-------
|
-------
-------
-------

 

イカした男(?)DJモルツです。

 

実際、そんな風に言われたことはありませんが

ひそかに常に目指しています。

 

さてさて、婚活ブームの中、最近はお料理ができる男が

モテると巷では言われているそうですが、

ブログでも書いている通り、結構料理しているのになぁ

と、なんだか納得がいきません。

 

きっと、まだまだ料理の腕が足りないのでしょう。

・・・と、勝手に判断して、また新たな料理に

挑戦してみました。

 

20110121_01.jpg

というわけで「イカ」です。

まるまる1杯さばくのは初体験ですが

これも実家の母がよくやっていたので

手順はわかっている、、、と思います。

 

胴体から内臓を抜いて口をとり

ゲソをカット!

20110121_02.jpg

おっ!順調!

・・・と思ったら、ここからが結構苦戦。

 

皮をはぐのってこんなに大変でしたっけ??

なんか母はいとも簡単にやってた気がするのに

思わぬタイムロス。

別に時間を競ってはいませんが。

 

その後、なんとか乗り切って

やっとここまでたどり着きました。

20110121_03.jpg

 

さ、というわけで、軽く悪戦苦闘すること1時間。

遂に完成した「DJモルツ特製イカ定食」がこちら! 

20110121_04.jpg

ゲソは大根と煮物にして、あとは刺身。

そして小鉢にイカ明太をつくりました。

味噌汁はいつも通り普通です。

ちなみにお刺身は・・・

20110121_05.jpg

一からさばいたからこそ食べられる

キモと醤油を合わせたもので頂きます。

これは知り合いに教えて頂いたお店で学んだ食べ方。

オススメです。

 

しかもこれ、ここだけの話なんですけどね、

モルツに合いますよ!

まあ言わずもがな、ではありますが。

 

どうです?合格頂けますか?女性の皆さん!

まだですか?もっとですか?

・・・わかりました、もっともっと頑張ります!料理を!

 

というわけで、また新しいものに挑戦したら

報告しますね。お楽しみに!

このブログを書いていたらお腹もすいてきたので。

それではHave a goodモルツ!

 

-------
|
-------
-------
-------

 

意外と気が短いDJモルツです。

 

・・・といっても周りの人たちには

「君が気が短いなら他の人はどうなるんだ?」

と、言われなかなか信じて頂けませんが。

実際は、自分で思う限り、かなり気が短いです。

ただ、その怒りというかイライラがまったく長続きしない。

だから、あまり皆さんにそういう印象を与えていないのだと

思います。

 

さて、普通なら気が短いというのはあまり良くないものと

されがちなものですが、実は「気が短い方が向いている」

といわれるものもあるのです。

それは、釣り。

 

釣り糸を垂らしてからいつ魚がかかるかわからないわけで

待ち時間が大半をしめる「釣り」

一見、気が長い方が向いているような気がしますが

釣り好きな人に言わせると、いつ来るか?いつ来るか?と

集中を切らさずに見ていられるのは気が短い人の方で

ボーっと気長に待つことが大丈夫な人は

いつ来るかわからない当たりを逃しがちなんだそうです。

 

であれば!気が短い僕は釣りに向いているはず!

 

なんですが、、、

 

子どもの頃、すごい釣り好きだったうちのじいちゃんに

連れられて兄弟三人で釣りに行った時のこと。

気が短い僕と、僕よりもはるかに気が短い次男は

待ち時間が長すぎて飽きてしまい・・・

ダントツで気が長い長男の粘り勝ちばかり。

やっぱり気が長い方が向いているんじゃないかと

思ってきました。

 

それから数十年。

結局どっちの方が向いているのか確かめるために

最近あまり行っていない釣り堀へ

釣り好きのラジオDJの先輩と行ってきました。 

20110117_01.jpg

先輩も「気が短い方が釣りにむいている」と語る人の一人。

そして、僕よりも気が短いと思います(笑)

 

この日は、仕事の合間。

ほんの30分くらいだけ行ったのですが、、、 

20110117_02.jpg

御守りがてら幸運を願ってモルツを置いて待つこと10分。

もちろん釣りながら飲んだわけではないのですが

気持ちよく釣れた日に飲むモルツはおいしいだろうなぁと

想像しながら当たりを待っていたら・・・来ました!FISH!

 

先輩よりも先に釣ってしまいました(苦笑) 

20110117_03.jpg

最終的には先輩も同じ数だけ釣れたので

和やかに帰ることができました(汗)

 

ところで、、、

気が短い方が釣りに向いているのか

気が長い方が釣りに向いているのか

ですが・・・

先輩と話し合った結果としては

「長すぎても短すぎても

いけないんじゃないか?」

という結論に達しました。

 

おあとがよろしいようで(苦笑)

 

まあ、なにより久しぶりの釣り堀楽しかったです!

そして帰ってから飲んだモルツもおいしかった~。

これからもたまには釣り堀に行ってみようかと思います!

 

それではHave a goodモルツ!

 

-------
|
-------
-------
-------

 

陶芸歴が足掛け3年目に突入した

DJモルツです。

 

最初に工房にお邪魔した時に

ビアジョッキを作りたいと伝えたら

師匠や先輩方から

「まあ3年くらいかかるんじゃない?」

と言われましたが、

その3年目に入ったということは、そろそろ??

なんて、あわい期待を寄せているところです。

 

そんな2011年一発目の陶芸に行ってまいりました!

ちょっと時間があいてしまっていたので

今回もまた、超初心者に戻っていることを

覚悟していったのですが・・・

今回は意外にも全体的にすんなりできました!

 

ビアジョッキまではいかないかもしれませんが

左手にみえるように今までで一番大きいものが

ひけたというのが何よりもよかったです。

その一方で右手にあるものも

なかなか思い通りに大きくなり、 

20110114_02.jpg

飯茶わんに出来るかもしれないくらいになりました。

今までも飯茶わんにはチャレンジしましたが

焼いてみると意外に小さくなってしまうもので

出来上がると、結局女性や子供向きの大きさに

なってしまっていたのです。

でも、今度こそは!

 

確か、以前にも同じようなことがあったのですが

意外と時間があいて、絶対に今日はうまくいかない

と、覚悟した時の方が得てしてうまくいくタイプのようです。

師匠にも

「今日は手が動いていたね。」

と褒めて頂き、有頂天。

ただ、その以前の教訓としては

「うまく行った時の次の時にボロボロになる」というものが

あります。

そう、邪念が入るのです・・・

 

でも、今年はそんな邪念を取り払い

常に初心で挑むようにして

上達していかなければ!

そう、心を新たにしました。

 

さて、今回は久しぶりにひいた一方で

以前作ったものの素焼きが上がってきたので

色つけもしました。

今回期待の星は・・・こちら!

20110114_03.jpg

小鉢のような感じになると思うのですが

今回は皿の中にこんな模様を書いてみました。

さあ、出来上がりはいかに??

 

小鉢や飯茶わんもいいのですが

あくまで目標はモルツを飲むためのビアジョッキ!

今年こそは・・・頑張ります!

 

それではHave a goodモルツ!

 

-------
|
-------
-------
-------

 

珍しい農産物には目がない

DJモルツです。

 

プチ栽培を楽しんでいる僕としては

このところ特に農産物の話題に敏感に

なっているわけですが、

先日我が家に届いたトマトが

まったく初めて見るルックスでびっくりしました。

 

それがこちら!

20110110_01.jpg

 

・・・あれ?

こうやってみると結構普通ですが・・・

一つ一つを持ちあげるとこうなってるんです。

20110110_02.jpg

どうですか??

スーパーなどで売っているミニトマトは

どれも一つ一つばらばらになっていますが

これは一本にいくつも実がついているんです。

その姿はまるでブドウ!

 

というわけで、このトマトの名前は

「房なりグレープトマト」

千葉県にある「いんどうウォーターファーム」さんという

ところで栽培しているという代物だそうです。

ちなみに見た目もさることながら

これが非常にフルーツのように美味しいから

最高なんです!

 

・・・で、ふと疑問が浮かびました。

そもそもなぜこういうミニトマトが世の中になかったのか?

そして、普通に栽培してもこうはならないのか?

というところです。

 

あまりに気になりすぎて

「いんどうウォーターファーム」の方に伺ったところ

これは長年にわたる努力の結晶なんだそうです。

通常ミニトマトに限らずトマトは茎の先の方から

実をつけていき、どんどん熟していきます。

その間に次々と他の実も熟していくのですが・・・

そうしているうちに最初の方につけた実は

熟しすぎて破裂してしまうんだそうです。

つまり、このように一本についた実が

同時に食べごろを迎えるというのが

まずありえないことなんだそうです。

確かに考えてみれば、なるほど!

と言う感じですよね。

 

では、どうやって同時に熟させるかですが・・・

それは残念ながら企業秘密。

温度管理をはじめ様々な工夫をして

このようなものに辿り着いたんだそうです。

では、なぜ、この形を目指したのか?

 

それは・・・

「他のトマトとは違うものが作りたかったから」

要は「オリジナリティ」ですね。

 

なるほど・・・

これは、すごい勉強になりました。

美味しさというクオリティはもちろんのこと、

さらにそこにオリジナリティを加えようという姿勢!

これは我々も含め、ほとんどの仕事に通じるもののような

気がします。

 

というわけで、DJモルツ!

2011年はクオリティにオリジナリティを加えることを

モットーにして頑張って行きます!

・・・と、そんなことを考えながら

モルツとグレープトマトを堪能したのでした。

20110110_03.jpg

 

では、最後に我々の世代にとって

トマトが出てくる歌と言えば・・・という一曲!

♪あなたにサラダ/Dreams Come True

 

いやー、この曲に出てくるような女の子が

どこにいるのか?なんて若かりし頃の僕は

考えていましたね・・・気がつけば自分が作るタイプの

男子になっていましたが・・・

 

それではHave a goodモルツ!

 

-------
|
-------
-------
-------

 

毎日が初モルツ

DJモルツです。

 

そのくらいの気分でおめでたいお酒を日々楽しんでいる

私DJモルツ。

お正月を実家でのんびりすごした後は

もちろん!新年会です!

20110107_01.jpg

鍋を囲んで行われた新年会。

今年は、地元の飲み仲間たちと

仕事はじめよりも先に開くことになったのですが、

驚いたのはその人数。

なんとこんな時期に40人も集まったから驚きです。

僕も決して人の事は言えませんが

みんな一体なにしているんでしょうか?(笑)

 

しかも、そのほとんどが近くのお店で知り合った人たち

お酒と言う共通点がなければ決して顔を合わせることが

なかった人たちです。

システムエンジニアから学生、塾の先生や営業マン

映像ディレクター、雑誌編集者、主婦、、、などなど

もうその職種も様々。

となると・・・話も普段は聞けないものが飛び交う・・・

かと思えば、実際は、意外に仕事とは関係のない

どーでもいい話がほとんどなのがまた面白い。

誰かの恋愛話にあーでもないこーでもないとつっこんだり

やれ占いの結果がどうだとか、

やれあの店が美味しいだとか、

年齢がまったく違う人たちがまるで

学生のように実のない(?)話だけで

時間を費やしていく感じは最高です。

 

こういう人たちをつないでくれるのもお酒のイイところ。

この日も、サントリーのビール工場で

職人さんたちがせっせと作ってくれた

瓶のモルツが大活躍!

20110107_02.jpg

もちろん、新年会が始まった時点で

全員が知り合いというわけではなかったのですが

こういう時に瓶のモルツとグラスを持って行って

「まあまあ一杯!」となると

すんなりと知り合いになれるもので

まさに瓶の真骨頂!

本当に素敵な時間を演出してくれました。

 

というわけで、これからしばらくは

皆さんも新年会シーズンが続くと思いますが

そんな時にはぜひ!瓶のモルツで開催することを

オススメします!

 

さあ、皆さんも2011年の新年会を

楽しんで下さいね!

それではHave a goodモルツ!

 

-------
|
-------
-------
-------

 

あけましておめでとうございます!

DJモルツです。

 

さあ2011年が始まりました。

皆さんいったいどんな環境で

このブログを見ているのでしょうか?

 

僕はもちろん!・・・実家です。

このブログにもよく登場する

母と二人の兄、そしてその一家たち、

さらに予告なくやってくる幼馴染たちも含め

かなりざっくりと過ごしています。

 

さて、お正月と言えば

なんといってもおせち料理。

我が家も、一応元栄養士の母が

出来る限り手作りで作るのが習わしになっていて

いまだに変わらぬ味が迎えてくれて

食べるとホッとするものになっています。

 

が、そんなおせち料理。

僕が実家で暮らしていた頃は

正確に言うと母が作るのではなく、

母と、僕が作るモノでした。

 

おせち料理を手作りするがかなり大変であることは

皆さんもご存じかと思いますが、

それを一人で作るのはさらに大変。

ということで、そんな時に呼び出されるのは
もちろん、三兄弟の末っ子で

基本的に言うことを聞かざるを得ない立場にある

僕なわけです。

 

大体仕込みは年末の買い物から始まります。

メインのものはたいがい父が

仕事帰りのアメ横で買ってくるのですが、

それ以外のものは僕が担当。

考えてみれば多分小学校に上がる前の

「初めてのおつかい」はおせち料理の買い物でした。

自転車に乗れるようになったら一人前、

という考え方の母は、皆さんが想像している以上の

買い物を僕に託すわけで、近所の商店街を

おもちや鶏肉、その他野菜類などを抱えた

小学生が年末になると走っていたのです。

 

そんな僕の大きな仕事は3つ。

まずは、全ての基本となるダシを取るための鰹節削り。

これは大体大ぶりのまるまる一本を

朝から晩まで削ります。

おかげで上手になりましたよ。

 

続いては松前漬のための昆布やスルメを切ること。

これは母とテレビを見ながら夜な夜なやっていたので

結構退屈しなかったですね。

 

そしてラストが一番の力仕事。

「栗きんとん」のためのサツマイモ裏ごし。

母が次から次へとゆで上げるサツマイモを

冷めないうちにどんどん裏ごし。

最初は兄弟3人で始まるのですが

兄二人はあっという間にいなくなり

気がつけば最後は僕だけ。

色止めのために一緒にゆでるケシの実をよけながら

一心不乱に裏ごして裏ごして裏ごしまくる姿は

もはや一種の修行。

夕方くらいから始まって、結構夜遅くまでやっていましたが

終わるともう疲れてすぐ寝ちゃうくらいでした。

 

さらに!そんな苦労をして作った栗きんとん。

一番の大好物にしているのは、二番目の兄。

改めて言うと、一番最初に裏ごしをやめてしまう

二番目の兄です。

何となく社会の厳しさを知ったような経験です(苦笑)

 

まあ、それだけいろいろやらせて頂いたおかげで

今、このブログでもネタに困らないほど

料理を楽しめるようになっているのはいるので

その部分は感謝。

そして、それぞれの料理には

それぞれの苦労がつまっていることも

このようにして知ったのです。

これも母に感謝ですね。

そしてもう一つ。

苦労して作ったものを本当においしそうに食べる兄を

見ていると、結構うれしいもので、そういった喜びを

知らぬ間に教えてくれた兄にも、一応感謝した方が

いいのかなぁ?とも今は思います。

20110103_01.jpg

※この"照り"を出すために水あめを使って練り上げるのも

結構大変なんですよね~。

 

若かりし頃の僕にいろいろなことを教えてくれた

実家での年末年始。

もういい大人になった今では栗きんとんをはじめとする

おせちとモルツを楽しみながら・・・

色々思い出して新たな気持ちで

1年のスタートを切ります!

 

お互い、いい1年を目指して頑張って行きましょう!

それではHave a goodモルツ!

 

-------
|
-------

プロフィール

DJモルツ

DJモルツ
滅多に怒らない温和で楽観的なO型で、おとめ座のロマンチスト。
趣味は「写真」「料理」「音楽」「スポーツ」そして「モルツ」
モルツを美味しく飲むためならどこまでも行き、何でも勉強する探究心を持つ。
座右の銘:「TAKE IT EASY」「男は味で勝負」

-------

注目のキーワード

-------

ブログを検索

-------
-------

Windows版のみ

-------

モルツがうまい町